スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボカロ曲は音楽」である

昨日ブログに投稿されたボカロPの「歌ってみた」動画に対する意見が色々と話題になっています。
きっかけとなった記事はこちら。

Ohnuma Sound Lab. blog  年の瀬・歌い手・ボカロ界隈・これからの活動


twitter上での意見や広がりをまとめたtogetterはこちら。
Togetter - ニコニコの歌ってみたは『ハイエナに近い』とボカロPが発言。その発言への反応から見えてくる歌ってみた界隈の問題点

多少記事の内容には過激な所もありますが、広がりを受けて改めて「問題なのはこういう人たち」と誤解のないようにおっしゃっています。
Ohnuma Sound Lab. blog - 【追記1】前回の日記についての補足・お詫び・コメント返信など
ここで批判の対象(大福Pの言うハイエナ)を、
>>Pがプロデュースしているわけでもなく、歌い手単体で、乱雑に伸びてる曲ばかり歌ったものをCDにして、イベントで売ってるような人たち
としています。(記事内から引用しました)
あと、投稿された記事の内容を読むに、お金儲けの利益以外にも、上の文を一部使わせてもらうならば、
「乱雑に伸びてる曲ばかり歌ったものを動画にして、再生数なり稼いで人気を得ようとする人たち」
も同様に批判していることが分かります。

私、この意見には大体賛成というか、そのような「手軽に知名度を得たい」って人がそれこそハイエナのように群がる「歌ってみた」界隈には良い印象を持っていません。
もちろん、皆が皆で無いということも知っていますし、リスペクトを込めて全力で歌われてる方も知っています。

で、この意見に対する反対の意見を持つ方の記事がこちら。
見たり聞いたりしたこと - これからニコニコ文化が進むかもしれない二つの道
書かれてる方のまとめではこのようにあります。

>>ボカロPが二次創作を批判するとか、なんか過去への敬意を忘れてない?
>>それは置いとくとしても、大福Pの理想はいろんな意味でニコニコ動画をつまらなくしそうだよ
>>>リスペクトとかを言い出したら面白い動画はほとんど作られなくなる
>>>そして更に閉鎖的なコミュニティがどんどん生まれ、人々は分断されていく
>>>そしてその中で陰湿なコミュニケーションが繰り広げられる
>>誰もがリスペクトとか気にせず自由に動画を作ったりできるニコニコ動画だからこそ、面白い動画が生まれるんじゃないかなぁ


この意見をまとめる前までに、大流行しているエルシャダイの例や、大福Pの言うとおりになったらどうなるか?等あるのですが、ここで1つ前提が間違っているところがあります。

それは「ボカロ曲は動画であるということよりずっと前に音楽である」と言う点です。

確かに、ニコニコ動画に投稿されている以上は、ボカロ曲を「ネタや創作となりうる動画の1つ」と見られても仕方がありません。
しかし、大福Pの言われてるのリスペクトとはその「動画に対して」では無く、「創作した人に対して」という点であり、そうなると、もし大福Pの言うとおりになったらどうなるか?って所は前提自体がおかしいことになります。

そして同様に「歌ってみたも動画である前に音楽」のはずなのです。

はずなのですが、曲を作るということと比べて、歌を歌うというのはハードルが低いと言わざるを得ません。
曲を作るというのは0から全てを作り上げる作業である一方で、歌を歌うのはメロディと歌詞さえ覚えれば誰でも出来ます。
ここでは出来た曲及び歌の良し悪しは全く無視していますが、「歌ってみた」で歌われる曲で考えると、間違いなく曲の良さがあるから歌われるのでしょう。
誰しも自分が嫌いな曲を好きで歌いたくは無いわけですから。

しかし、曲が良いから、曲が好きだから、という理由よりも、人気だから、ネタとして面白いから、という理由で投稿されるのが後を絶ちません。
更には、その曲の良さとネタとしての鮮度をエサに自分が評価されたいと思われても仕方が無い人もいるという。
また、ボカロはあくまで生の人の声では無いため、しっかり生のボーカルがいる曲よりも格段に手軽に歌を入れやすい、という点もそれに拍車をかけています。
上っ面の物だけ気楽に頂いて利益を得ようとする…まさにハイエナです。

本来ならそういって気に入った曲なんてものは「鮮度」とか「人気」だとかは関係ないはずで、好きで歌いたくて投稿するならば、時間をかけるなり、練習するなり、自分なりに解釈するなり、色々するに違いないのです。
投稿した結果、再生数が、マイリスが―なんてのは所詮評価されたかされなかったかだけに過ぎません。
評価されたい、人気になりたいならば、それを悟られないように余計に努力を怠ってはならないですし。
曲作る人が全力で取り組んでいる以上、歌うならそれ相応の覚悟はするべきだと思います。


と、色々言ってきましたが、この「ハイエナとする考え方」はあくまで一部に過ぎません。
曲作ってる人がたくさんいるんだから、派生を楽しんでる人もいるし、逆にしっかりしたものじゃないとダメだ、っていう人、様々な人がいます。
こんな長々と文章を書いたのも、「ハイエナじゃなくしっかりしたものを出して欲しい」というボカロPさんの意思を尊重して欲しい、ということを言いたかったからです。
このような事が今回話題に上がったのも、今までその意思が無視されていた、ということですし。

「歌う本人もそれを聴く人たちも最大限曲を作った人の意思を尊重して欲しい」
「それでボカロP・歌い手・ファン、皆にとってそれぞれ一番良い形で歌ってみたが投稿されて欲しい」
私はそう思います。

※「ボカロPは歌い手に曲を提供する工場」とか「歌い手のこっちが本家」とか思ってる奴は全員吹き飛べば良いと思ってます。
考え自体が愚かだし、結果歌い手をおとしめてる形になってるってことにもなるんですよ。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕は「ハイエナ」を擁護する

先日書いた[http://blog.livedoor.jp/taitiro/archives/1338049.html:title=これからニコニコ文化が進むかもしれない二つの道]という記事に対し、このような反論がなされました。 [http://storatic.blog111.fc2.co ...

コメントの投稿

Private :

えーと

参加するハードルの高低が表現の優劣になると考えている時点で創作というか表現というか、ひいては芸術全般に対する思慮が浅いんだなーという感想しか出てきません。だいいち、自発的な敬意を相手に強いるということそのものに、傲慢さを感じ取りますね。

どれだけ練習しようと音痴な人は音痴のままだし(まあこれは否定したけど)、動画に投稿する以前の「敬意」を持っていることや、がんばった過程を証明するならニコ生なりustに行けばいいし。

リスペクト以前に、そうやって集まってきた人たちに「ハイエナ」という時点で俺のほうが優れている、お前らはただの寄生虫だ、という優越感の顕れですよね。

しかしそれは、先にも書いたとおり表現や芸術の優劣には寄与しませんし、「作ってやってる」とか思っているでしょうから、ただの驕りですよね。

そしてリスペクトっていうのは彼のブログによれば「作品を大事にしているのであれば、メロディーや歌詞を変えたりなんかしない」ということですけど、彼自身にも相当偏見が入ってるようで、相手の主張を草生やしてみたりと恣意的、誘導的でたちが悪いですね。

まあ、ハイエナと思いたいのであれば、それでいいんじゃないんですか。正直言って、表現者の一人として言わせてもらえば、「残念で、品のない、相手をリスペクトしていない、狭量な人」としか思えませんがね。

ああ、あなたの記事にハイエナしてしまいましたね。でもハイエナしないと意思表示できませんから。あなたの記事にリスペクト?うーん、どうだろう。

作品から気持ちや敬意を汲み取るというのは、「思い込み」です。建前を大事にしろ、というのであれば、まさに彼の主張する「感動したから」というのは、本心でないなら建前を大事にした行動と言えますよね?

表現活動に誠意や敬意、マナーを求めた時点で敗北なのですよ。春の祭典初演の聴衆に、ブーイングするな、だまって拍手しろ、と言っているようなもんです。

それと、最後の「意思が無視されていた」という書き込みですが、そんなもんはボカロ界隈以前に多くの芸術シーンで多くの夜郎自大な芸術家が嵌っていった轍だ、とも書き添えておきます。

No title

参加するハードルの高低が…というのは、人気のある曲を歌うのが芸術的に優れているとか劣っている、という風に思う時点で底が浅い、ということだと思うのですが、「人気のある曲を歌う」ことを問題にしているのではなく、「人気があるから、という理由が大部分で歌う」ことを問題にしています。
もちろん、これがカラオケで歌う、とかなら全く普通のことなのですが、曲に歌声を入れた動画として発表する以上は、何らかの形で評価されるし、もしそれが優れたものなら歌った人が人気が出るのも当然です。

ただ、「ネタとしての鮮度と人気をかっさらって、手軽に人気を得ようとする」ことに問題があると思うのです。
人気を得るならそれ相応のものを作り上げなければなりませんし、その為には当然努力が必要で、にも関わらずそれをサボりたいが故に乗っかるのが問題、ということです。
そんなものに敬意以前に、質も何もあったもんじゃないですよね?
繰り返しになりますが、群がってチヤホヤされたいならそうと悟られないよう、良い物を作る必要があると思います。

作品から汲み取るものは「思い込み」で、「感動した」という文面は「建前」ならば、建前にあるものが汲み取れなかったら、憤りを感じるのも当たり前ではないですか?
その建前がハードルを上げていると言えなくはないと言うか、そもそも「感動」って言葉って建前にしたってそんな簡単に使えない言葉だとは思うんですが。

芸術と言う観点とニコニコ動画と言う観点で見なければならないので、改めて凄く難しい問題だと思っています。

たった一言
「素材に敬意を払え」

だけで済む話なんだけどな
パロディだから礼を失して良いって訳でもあるまいし

No title

モラルのない人はどんなところにもいるもので、
そういう一部のアレな人の行動を含めて一般化した議論を展開しようとしても難しいよなぁ…と思いました。

No title

>通りすがりさん
簡潔に言うと確かにそうなるんですよね。
敬意とはなんぞや、となるとまた堂々巡りになりそうな気はしますが、そこは素材を提供出来る側(敢えてこのような言い方で表現します)のルールさえ守れば良いんじゃないかなぁ、と。
ただそれを守らない輩だとか、提供しないとおかしいとかいう物言いがあるのが問題なだけで。

>ノータイトルの方
悪い一部なり問題ある一部のことを全体に対して言うわけですからねぇ。
そしてその肝心の一部は関心が無かったりして。
ただこの問題に関して言えば、「一部のファンを制御できない側の責任」ってのも結構問題にすべきなんじゃないかと思います。
少し前に歌ってみた投稿者の方のマネさん的な方のブログの記事から出た話題を見て改めて思いました。
プロフィール

ストラ

Author:ストラ
鳥取出身のポケモントレーナー見習い兼へっぽこギターボーカリスト
twitterはこちら

コミュニティ
生放送しているコミュニティです


参加しているサークルです
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。